コロナがおおきく社会を揺さぶっています。私たちが取り組む地位活動も少なからず影響を受けており、収束は未だ見通せてはいません。そんな中でも社会の「困った」を解決するために新しい地域活動も生まれています。若者サミットには各地で活躍する若者たちが集います。活動のヒントやきっかけを探しにぜひご覧ください。...
1月31日(日)に開催を予定していた市民活動カフェ2021年を中止としたため、代替えイベントとしてパネル展を開催します。市内各地で活動する市民活動団体の取り組みを紹介します。 展示期間:2021年1月20日(水)~2021年3月31日(水) 展示時間:開館から閉館まで 入場料:無料 岩国市の下記の各会場で開催します。 ●周東図書館:1月20日(水)~1月25日(月)...
 山口きらめき財団では、地域や社会をより良くするために、皆さんが自主的・主体的に取り組む幅広い分野の県民活動を支援する「きらめき活動助成事業」を実施しています。 ●昨年度との主な変更点 ・申請方法に「メールでの申請」が加わりました...
第1回~愛宕・尾津・門前・牛野谷の名前はなぜ付いたか~ 自分の住んでいるまちの歴史を知ろう! 日 時:2020年12月11日(金)13:30~15:00 場 所:愛宕供用会館 集会場 講 師:松岡智訓氏(岩国市徴古館副館長 学芸員) 参加者:70名

 独立行政法人福祉医療機構(WAM)が行うWAM助成は、国庫補助金及び寄付金を助成金の財源とし、NPOやボランティア団体などが行う民間福祉活動に対して助成する制度です。...
 NPO法人の活動を支援するため、中国労働金庫に普通預金口座を開設されている方々から、NPO法人の活動分野ごとに定期的に寄付されたお金をNPO法人に分配し、広く市民とNPO法人をつなぎ、NPO法人の基盤づくりをサポートしていくシステムです。山口県ではNPO法人やまぐち県民ネットワーク21が、中国労働金庫との協働として、配分希望団体の募集や配分先決定の選考などを行います。 【対象者】 ①山口県内に事務所を置くNPO法人(※2021年1月4日(月)までに設立認証を受けた法人で、応募条件を満たすもの) ②NPO法に基づく19の全ての活動分野から募集します(※申請時には、法人の定款に掲げられている分野の中から1つだけ選んで応募してください) ●配分団体数 いかに掲げる分野のうち、【A】の分野から上限2団体に配分、【B】については各分野で1団体に配分(上限5団体)、【C】については全ての分野の中から上限1団体に配分、合わせて上限8団体に配分します。 【A】→「子どもの健全育成を図る活動」分野から、上限2団体に配分 【B】→下記の各分野から、1団体ずつ配分(上限5団体) ・保健、医療又は福祉の増進を図る活動 ・まちづくりの推進を図る活動 ・学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動 ・災害救援活動 ・NPO支援活動(団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動) 【C】→下記の全分野の中から、上限1団体に配分 ・社会教育の推進を図る活動 ・環境の保全を図る活動 ・地域安全活動 ・人権の擁護又は平和の推進を図る活動 ・国際協力の活動 ・男女共同参画社会の形成の促進を図る活動 ・情報化社会の発展を図る活動 ・科学技術の発展を図る活動 ・観光の振興を図る活動 ・消費者の保護を図る活動 ・職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動 ・経済活動の活性化を図る活動 ・農漁村および中山間地域の振興を図る活動 【助成金額】  1法人に配分される金額は、一律5万円です。 ●対象となる経費 法人の特定非営利活動に必要な経費。 人件費、旅費交通費、通信費、消耗品費、印刷費、備品購入費など、自由に使用できます(領収書の提出は不要です) 【応募締切】  2021年1月31日(日)18:00必着 ●応募条件 ①団体の情報公開を促進していく趣旨から、日本財団公益コミュニティサイトCANPANに登録し情報公開することに同意し、実施していただける団体(または、すでにCANPANへの登録・情報公開を行っている団体) ②選考後に行う寄付金授与式に代表者または代理人の方にご出席いただける団体(詳細については別途ご案内します) ③寄付金授与後に活動報告を提出していただける団体(報告内容・方法については別途ご案内します) ④この寄付金の収支報告書の提出は必要ありません。 ※なお、同一法人に対し、同じ申請分野で2年連続配分することはいたしません。 ※ただし、同一法人であっても、申請分野が異なれば配分対象となります。 【問い合わせ先】  特定非営利活動法人やまぐち県民ネット21  〒753-0093 山口県山口市大殿大路135-2  TEL:083-921-2437 090-2868-6211(担当:伊藤)  URL:https://blog.canpan.info/yamanet21/
 スタートアップ助成は、①瀬戸内海で自立し持続的な活動ができる環境NPOを目指す団体の活動、②瀬戸内海で新たに始める独創的な自然保護事業に必要な経費を支援する助成制度です。 財政規模が比較的小さな団体の活動や、資金の確保が難しい新たに始める活動をじっくり支えるプログラムです。 【対象活動】 1.瀬戸内の「川と海」のゆたかさを守る活動...
 我が国において、古来、地域に伝承されてきた民族の遺産ともいえる固有の伝統的な文化が時代とともに消滅しつつある現在、こうした歴史的・文化的に価値ある地域の民俗芸能(民俗行事、民俗音楽を含む。以下同じ)・民俗技術(伝統的制作技術、衣食住に関わる生活技術、伝統工芸を含む。以下同じ)を正しく後世に残すことが時代の責務であるとの考えに立って、当財団は、これらの継承のための諸活動、特に後継者育成に必要な技能習得のための諸活動への支援を行います。 【助成対象】 ●地域の民俗芸能への助成  地域の民俗芸能の継承、とくに後継者育成のための諸活動に努力をしている個人または団体を対象 ●地域の民俗技術への助成  地域の民俗技術の継承、とくに後継者育成のための諸活動に努力をしている個人または団体を対象 【助成条件】 ①令和3年度(2022年3月)までに、後継者育成と保存継承に必要な諸費用(道具整備費、制作材料費、育成研修費、記録保存費用※機材等を除く)などの支出を予定していること。 ②上記支出を賄うために、個人または団体の負担以外に外部からの資金協力が緊急不可欠の状態であること。 ③都道府県教育委員会または知事部局の文化関係所轄課の推薦があること。 【助成金額】 ●地域の民俗芸能への助成については、1件につき70万円を限度とします。 ●地域の民俗技術への助成については、1件につき40万円を限度とします。 ※助成金額は個々の申込内容を検討の上、限度額の範囲内で具体的に使途目的を定めた金額を決定します。 ※助成は単年度助成を原則とします。だだし、必要に応じて最長3年間の継続助成を認めることがあります。この場合、自動的に継続助成されるものではありませんので、希望する年度ごとに申込をして審査を受けていただきます。   【申込期限】  2021年1月29日(金)当日消印有効 ※申込に際しては、市町村教育委員会、公立博物館、学識経験者等からの推薦ならびに各都道府県教育委員会または知事部局の文化関係所管課の推薦が必要です。 【問い合わせ先】  公益財団法人明治安田クオリティオブライフ文化財団  〒163-0633 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル33階  TEL:03-3349-6194/FAX:03-3345-6388  URL:https://www.meijiyasuda-qol-bunka.or.jp/culture/
 2021年1月31日(日)開催予定の「市民活動カフェ2021」につきまして準備を進めてまいりましたが、現在、新型コロナウイルス感染症の全国的な感染拡大が深刻化しており、また年末年始をまたぐ人の往来による感染の可能性を勘案し、開催を中止することといたしました。

さらに表示する