助成金情報

「子どもゆめ基金」は、未来を担う夢を持った子どもの健全育成を進めるため、民間団体が実施する自然の中でのキャンプや科学実験教室などの体験活動、絵本の読み聞かせ会などの読書活動などへの支援を行なっています。 【対象者】...
さわやか福祉財団では、今年度も、日本労働組合総連合会(連合)「連合・愛のカンパ」より資金の提供をいただき、地域の住民主体による生活支援等の助け合い団体立ち上げや新規事業開始を支援するための助成を行ないます。コロナ禍の中でも様々な工夫をしながら人と人とのつながりや助け合い関係をつくろうと多様な知恵や工夫による取り組みが生まれていることと思います。各市町村の生活支援コーディネーターと協議体が支援した助け合い活動(地縁組織やNPO、グループ等)立ち上げ等を支援するにもぜひ、ご活用ください。 【対象者】 ●団体要件 ふれあい・助け合い活動団体/グループに限定 助け合いによる生活支援活動を主たる目的とする任意団体、NPO法人、グループ、サークルなど。 ※社会福祉協議会ほか中間支援団体への直接の助成はしておりません。なお、有限会社、株式会社のほか、単独の個人活動等も対象とします。 【対象事業】 新たに始める、地域における「ふれあい・助け合い活動」 高齢者・子ども・障がい児(者)を含めた地域ぐるみの助け合い・支え合い活動等。 ※既存活動の継続は対象としません。また、特殊事案の専門的研究、趣味・娯楽・教養サークルに類する活動も対象にならないことがあります。 ●対象となる活動の時期・期間 2020年10月1日以降に新たに立ち上がった団体、または既存の団体であっても、従来の活動に加えて新たに開始した事業。 2022年3月末までに具体的に活動が開始できることが、これまでの働きから客観的にも見込まれる場合は、応募時点で準備段階でも可(プランのみでは不可) ●その他の注意事項 ・新規事業の立ち上げ、または、新たな団体立ち上げのための準備資金に限定 ※ここで「新規」が意味するところは、申請する活動内容が新たな取り組みであるということで、例えば、既存の任意団体がこれまでの活動を継続しつつ、この1年でNPO法人格を取得した(または取得する)ということだけでは十分ではありません。 ・継続的・持続的な活動が期待されるものであること ※一過性・単発的な企画(イベント企画等)は対象となりません。 ・前年度にこの助成を受けていないこと ※より多くの方々に支援の機会を広げるため、連続年度での助成は原則として行っておりません。 【助成金額】 1団体につき15万円を上限(17団体を目途に助成) 【応募締切】 2021年11月30日(火)必着 【問い合わせ先】 公益財団法人さわやか福祉財団 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館7階 TEL:03-5470-7751 URL:https://www.sawayakazaidan.or.jp/information/news/campa2021-outline/
長期的な視点で全国や広域にまたがる社会的な課題の解決に取り組むボタンティアを応援します。 【対象者】 ①10名以上のメンバーが活動する団体・グループであること。 ※NPOなどの法人格の有無、および活動年数が問いません。 ※障害者・高齢者・子ども・地域活性などを推進する団体、それらを神する団体のどちらでも助成対象とします。...
地域に根づく小さな福祉活動として、地域やコミュニティを元気にするさまざまなボランティア活動を応援します。 【対象者】 ①4名以上のメンバーが活動する団体・グループであること。 ※NPOなどの法人格の有無、および活動年数は問いません。 ※障害者・高齢者・子ども・地域活性などを推進する団体、それらを支援する団体のどちらでも助成対象とします。...
SOMPO環境財団では、環境問題に取組むNPO・NGO等の環境保全プロジェクトがより充実したものとなるよう、資金助成を行なっています。2021年は新型コロナ対応で活動に支障を来す団体を支援するため、件数を15件に増やして募集いたします。 【対象者】 次の2つの条件を満たす団体が対象となります。...
年賀寄付金配分事業は、「お年玉付郵便葉書等に関する法律」(昭和24(1949)年法律第224号)に基づいて、日本郵便株式会社がこれを行なっており、「寄付金付お年玉付郵便葉書」および「寄付金付お年玉付郵便切手」の寄付金を、法律に定められている10の事業のいずれかの事業を行う団体に分配します。...
セブンイレブン記念財団の「環境市民活動助成」は、お客様がセブンイレブンの店頭募金を通して、地域の環境市民活動を支援する助成制度です。地域の環境問題を地域の市民が主体的に解決するために、さまざまな角度から支援し、市民主体の地域社会の実現を目指しています。 ●昨年度からの主な変更点...
中山間地域の地域団体と多様な外部人材が連携して、中山間地域の課題解決や活性化に向けて実施する事業に要する経費について助成金を交付します。 【対象エリア】 山口県中山間地域振興条例(平成18年山口県条例第51号)第2条に定める「中山間地域」を対象とします。 ●全域が中山間地域に該当する市町...
「住まいのまちなみ」は、地域の方々が積極的に維持管理、運営することで、豊かな暮らしの場へと育っていきます。このコンクールは、地域住民の皆さまの住まいのまちなみを育む取り組みを、まちづくりのモデルとして表彰し、その活動を支援します。 【対象者】...
新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちは当たり前にあった人と人との交流を遮断することが求められました。支援が必要な方の地域における孤立はさらに深刻となり、これまでにも増して助け合い活動が必要という声が全国で挙がっています。こうした状況に様々な工夫で応え、その助け合いを今後につなげて、さらに発展させていくことは明るい未来を拓くために決定的に重要であると考えています。 そのため、必要な資金を全国からのご寄付として募り、助け合い活動を行う皆様へお渡しする助成を行います。 【対象者】 法人格の有無は問いません。個人による活動を含みます。 【対象事業】 共生社会を推進するための助成として、地域で暮らす人同士の助け合い活動(つながりづくりを目的とした居場所や地域活動を含みます)を対象とし、新たに団体を設立する場合のほか、新たに活動を広げる場合やコロナ禍に対応して特別な助け合い活動を行う場合も含みます。 高齢者、子ども、認知症、障がい、生活困窮の方々、刑余者、外国人、ケアラーの支援他、分野は問いません。ただし、日本国内の活動に限ります。 行政が弱者支援のため助成している費用、他から助成を受けた費用および本来自己負担すべき費用であってそれが可能なものについては、対象となりません。 【助成額】 助成金額:15万円を上限 助成回数:原則1回(やむを得ない時は2回) ・助成できる総額は、応募いただく時点での基金の総額(残額)となります。 ・お取り寄せいただいたご寄付を含む基本額は当財団ホームページで常時公開します。 ・応募が基金の額を上回った場合は、応募の内容を当財団ホームページでご紹介しながら基金へのご寄付を募り、基金額が応募額に達した段階で、配分を始めます。 【申請締切】 常時受付。基金の範囲内で、配分は随時行います。 【問い合わせ先】 公益財団法人さわやか福祉財団 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館7階  TEL:03-5470-7751/FAX:03-5470-7755 E-mail:mail@sawayakazaidan.or.jp URL:https://www.sawayakazaidan.or.jp/covid19-donate/#mokuji

さらに表示する