助成金情報

地域が直面するさまざまな課題を自らの手で解決して、住み良い地域社会の創造をめざし、独自の発想により全国各地で活動に取組んでいる地域活動団体等の皆さま、活動の経験や知恵などのストーリーをレポートとしてぜひお寄せください。 【対象者】...
本コンクールは、気候変動への適応、2030年ネイチャーポジティブの実現、官民連携による居心地の良い空間づくりやにぎわい創出等の実現に資する緑化技術について、積極的に取り組み、優れた成果をあげている民間企業、公共団体、個人等を顕彰することにより、都市緑化技術の一層の普及推進を図り、もって都市緑化技術の新たなフェーズへの移行に寄与することを目的としています。 【対象事業】 ○緑化施設部門 内容:良好な都市環境の形成や気候変動対応、生物多様性確保、幸福度(well-being)の向上等の課題解決に資する緑化施節。 ○特定テーマ部門「『GREEN×EXPO 2027(国際園芸博覧会)』に向け、日本から発信する緑化を支える新たな技術」 内容:緑豊かな都市生活の実現に資する革新的で、造園・緑化を支える将来性のある製品・技術。 ①緑豊かな都市生活の実現に資する革新的で、造園・緑化を支える将来性のある製品・技術 ②製品・技術の開発が終了し、募集締め切りまでに日本国内において自社名義で販売・提供を開始または予定している製品・技術 ※緑化施設部門への応募は、過去の受賞作品(第1回~22回)の再応募も可とします。 ※特定テーマ部門への応募は、製品・技術の開発が終了し、募集締切までに日本国内において自社名義で販売・提供を開始または予定していることとします。 ■応募資格 応募者は、施設及び製品・技術の所有者、設計者、施工者、資材・工法の開発者のいずれかとします。連名による応募も可能としますが、すべての連名者の了承を得てください。(所有者以外の方が応募する場合も、事前に所有者の了承を得てください)審査では、応募者名を公開するため、審査結果後に新たな応募者を受賞者名に加えることはできません。 【助成金額】 [表彰] ・国土交通大臣賞 2点以内(賞状・副賞) ・環境大臣賞 2点以内(賞状・副賞) ・日本経済新聞社賞 2点以内(賞状) ・都市緑化機構会長賞 2点以内(賞状) ・2027年国際園芸博覧会協会特別賞 1点以内(賞状)※特定テーマ部門のみ ※受賞代表者に賞状及び副賞を授与します。所有者、設計者、施工者、資材・工法の開発者など、連名による応募の場合、賞状は連名で作成し、1枚を授与します。 ※審査結果の報告は、公益財団法人都市緑化機構の機関誌『都市緑化技術』ほか、ランドケープ、建築・設備系の専門誌に掲載します。 ※特定テーマ部門に受賞した製品・技術については、当機構より、公益社団法人2027年国際園芸博覧会協会に対して、技術提案をさせていただきます。 【応募締切】 2024年6月30日(日)当日消印有効 【問い合わせ先】 公益財団法人都市緑化機構 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-4 田村ビル2階 Tel:03-5216-7191/Fax:03-5216-7195 Mail:midori.info@urbangreen.or.jp URL:https://urbangreen.or.jp/grant/3hyosho/green-afforestation ←クリックするとリンク先に移動します。
緑の環境プラン大賞では、1000万円を上限に助成するシンボル・ガーデン部門と、150万円を上限に助成するポケット・ガーデン部門の2つの部門で作品を募集します。 ○シンボル・ガーデン部門...
緑の保全・創出・再生活動に取組み、緑豊かで良好な空間の形成に卓越した成果を上げ、環境の改善、防災性の向上、景観の向上、まちづくり、地域の活性化、青少年の育成、福祉の向上等環境・社会課題に対しても優れた貢献の実績を有している市民団体、企業、地方公共団体等を顕彰することにより、他団体等への都市緑化意識の啓発や地球にやさしい生活環境の保全・創出の促進を図り、もって緑豊かな安全・快適な都市の実現に寄与することを目的とします。 【助成対象】 ○緑の市民協働部門 対象:主に市民団体(町内会・自治会等の地縁団体、NPO法人、学校・病院等での活動を展開している団体等) 内容:ボランティアを基本とした緑化活動で、地域の社会や環境へ貢献するもの ○緑の事業活動部門 対象:主に民間事業者 内容:民間、公共の空間を問わず事業活動又はその一環として取組んでいる緑の保全や創出活動で、地域の社会や環境に貢献するもの(例:オフィスビル・学校・マンション・工場の緑化等) ※NPO法人等で、公演の指定管理者などとして活動の大半を事業活動として取組んでいるものも含みます。 ※学校や病院等で、業者委託での緑地の整備や管理に取組んでいるものなども含みます。 ○緑のまちづくり部門 対象:主に市区町村 内容:都市や地域の緑地の保全や緑化の推進について、緑の基本計画の策定や地域の個性を活かした施策を展開し、その成果をあげているもの(例:地方公共団体の緑化施策、面的開発事業における緑地の保全・創出等) 【助成金額】 [表彰] ・内閣総理大臣賞 1点(賞状、副賞及び活動助成金 20万円) ・国土交通大臣賞 3点以内(賞状、副賞及び活動助成金 15万円) ・都市緑化機構会長賞 3点以内(賞状及び活動助成金 10万円) ・第一生命財団賞 1点(賞状及び活動助成金 10万円) ・奨励賞 若干(賞状及び活動助成金 5万円) 【応募締切】 2024年6月30日(日)当日消印有効 【問い合わせ先】 公益財団法人都市緑化機構 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-4 田村ビル2階 Tel:03-5216-7191/Fax:03-5216-7195 Mail:midori.info@urbangreen.or.jp URL:https://urbangreen.or.jp/grant/3hyosho/green-city ←クリックするとリンク先に移動します。
中国地域における文化・スポーツの振興を支援していくことにより、豊かさとゆとりを実感できる地域社会の実現に少しでもお役に立てれば、との思いから、美術・音楽・伝統文化・スポーツの分野を対象に助成事業を行っています。 【対象者】 中国地域に所在する文化・スポーツに関する団体(※社団・財団・県体育協会等の公益法人、地方公共団体を含む)...
「子どもゆめ基金」は、子どもの体験・読書活動等を応援することを目的に、様々な活動に必要な経費に対する資金(助成金)を援助しています。 【対象者】 次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動や読書活動の振興に取り組む団体が助成の対象となります。...
地域福祉チャレンジ活動助成は、地域包括ケアシステムの展開、そして高齢者を中心に障がい者、子ども等を含めた全世代への支援・交流につながる地域づくりに向けて地域住民、専門職、団体等と協働してチャレンジするための活動助成です。 【対象者】 次の3つの要件を満たしいる団体(法人格の有無は問わない) ①助成テーマにチャレンジする意欲がある団体...
地域の課題解決を図るとともに、社会の新しい課題を発見し問題解決の方法を探り、解決を担う活動主体の発見・育成並びに活動主体間のパートナーシップ及び活動への住民参加を促進し、地域に暮らす人々が共にたすけあい、安心して生活を送ることができる地域社会づくりに寄与するための助成を行います。 【対象者】...
モバイル・コミュニケーション・ファンドは、移動通信を含めた情報通信の発展と、若手研究者の育成を目的とし、優れた研究成果・論文・著者の発表等を通じて、産業、社会・文化の発展に貢献し、社会的課題の解決等にも繋がりうる業績を挙げた研究者(グループ含む)を表彰いたします。 【対象者】...
山口県内の環境保全活動を行う県民活動団体(個人を除く)に「山口県レジ袋収益金」から助成金を交付します。 【対象者】 ・山口県内に住所又は活動の本拠地が有ること ・一定の規約等を有し、かつ、自主的に運営されていること ・堅実な活動実績があり、明確な会計経理を実施していること ・政治活動、宗教活動を目的とする団体でないこと...

さらに表示する