【2020.7.16~7.31】NPO/NGOサポートファンドfor SDGs

 国際社会共通の持続可能な開発目標である「SDGs(Sustainable Development Goals)」には、目標1に「貧困の解消」が掲げられており、新興国・途上国における絶対的貧困はもちろんのこと、先進国においても相対的貧困の深刻化による格差など、その解決に向けた取り組みが急務となっています。

 社会において重要な役割を果たすNPO/NGOが持続発展的に社会変革に取り組めるよう、SDGsの大きな目標である「貧困の解消」に向けて取り組むNPO /NGOを対象に、「海外助成」「国内助成」の2つのプログラムで、組織課題を明らかにする組織診断や、具体的な組織課題の解決、組織運営を改善するための組織基盤強化の取り組みに助成します。

 

【対象事業】

 第三者※の多様で客観的な視点を取り入れた組織基盤強化の取り組みを対象とし、次の2つのコースを設けて応援します。(※第三者とは、応募団体が選定するNGO/NPO支援機関やNGO/NPOの組織運営の実践者、またはNGO/NPO経営支援の専門家を指します)

 組織診断からはじめるコース

 1年目に組織診断によって組織の優先課題と解決に方向性を明らかにした上で組織基盤強化計画を立案し、2年目以降に組織課題の解決や組織運営の改善に取り組むコース。

●助成金額:1団体100万円を上限(1年目)

●助成事業期間:2021年1月1日~8月31日(8ヶ月)

 

 組織基盤強化コース

 既に組織の優先課題と解決の方向性が明らかとなっており、立案した組織基盤強化計画に基づいて、1年目から具体的な組織課題の解決や組織運営の改善に取り組むコース。

●助成金額:1団体200万円を上限(毎年)

●助成事業期間:2021年1月1日~12月31日(1年間)

 

※「組織診断からはじめるコース」は、その後「組織基盤強化コース」に応募することが可能です。「組織基盤強化コース」は1年継続助成が可能です。

 

【対象団体】

 海外助成…新興国・途上国で貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNGO

 国内助成…日本国内の貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNPO

 

【応募期間】

 2020年7月16(木)~7月31日(金)必着

 

【問い合わせ先】

 海外助成 協働事務局

 認定特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)

 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル5階

 TEL:03-5292-2911 FAX:03-5292-2912 E-mail:pnsf-sdgs@janic.org

 

 国内助成 協働事務局

 特定非営利活動法人市民社会創造ファンド

 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3 日本橋MIビル1階

 TEL:03-5623-5055 FAX:03-5623-5057

 E-mail:support-f@civifund.org

 URL:https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary.html