【~2020.7.31】YS市庭コミュニティー財団助成

 新型コロナウイルス感染を避けるため、予定されていた事業活動に関してはすべて中止、延期となり、この新型コロナウイルス病渦の推移いかんでは、全国のNPO等が活動不全に陥る可能性もあります。そこで、今年度は新型コロナウイルス病渦により影響を受けた地域コミュニティ―の修復を促す、といったNPO団体の活動方策を重点的に配慮し、選考をすすめることにします。

 

【対象事業】

 助成対象分野は、地域と暮らし・環境・文化・芸術・スポーツなど広く含むこととし、活動内容は、下記の共鳴するコミュニティーづくりを行うNPO法人、団体等によるコミュニティー活動とします。

 1.コミュニティー振興及びまちづくりに関する事業

 2.社会教育及び文化・スポーツに関する事業

 3.その他この法人の目的を達成するために必要な事業

 具体的には上記目的の達成や事業内容に沿った地域活動、自己教育推進、体験学習等への助成を行います。

 

※助成活動の焦点を講演会・セミナー・イベント・学級講座等の三密行動「密閉・密集・密着」を伴う活動から、デジタル・システム活用、分散型活動等へ切り替えることも配慮してください。

※新型コロナウイルス病渦を克服して、日々生活する人々が活気に満ち、地域再生、自然体験、暮らし・文化芸術の発展、運動機会の創出、社会的孤立の解消、読書・子どもの学び応援、多様な価値観を理解する社会形成等に寄与し、社会の一隅を照らすNPO活動を応援したいと考えます。

※新型コロナウイルスが終息すると思われる2~3年後に焦点を合わせたコミュニティー資源の発端、育成維持、復活等の活動も応援します。

 

【対象団体】

 この助成事業は、下記の要件を満たす団体を対象とします。ただし、団体の目的や活動の内容が、政治・宗教などに偏っている活動は除きます。

 ①コミュニティ―活動する団体

 ②営利を目的としない団体

 ③日本国内外を対象に活動する日本国内の団体

 ④設立や運営に企業が主体的に関わっていない団体

 ⑤団体の法人格の有無や種類は問わないがNPO法人等を当面優先する

 継続助成団体について、前年の助成の目的を達しつつあり、更なる助成により発展が期待される活動に対して、選考委員会が審査し、助成を行います。

 また、継続助成の対象団体は以下の通りです。

 ①継続2年目助成は、前年度助成を受けた団体

 ②継続3年目助成は、2年継続助成を受けた団体

 ③前年度の助成の目的を達しつつあり、更なる助成により発展がより期待される活動については、翌年以降も、選考委員会の審査を行ったうえで、継続して助成を行います。

  

【助成内容】

 1.コミュニティー事業

 2.防災講座・職場体験セミナー等の開催助成

 3.体験学習(職場体験等)

 4.助成総額 1,500万円程度

 5.助成件数 20~30件程度

 6.助成金の使途 助成金は活動助成金により構成されます。

 7.助成期間 2020年10月1日~2021年9月30日

 8.継続助成 前年の助成の目的を達しつつあり、更なる助成により発展が期待される活動に対して、各段階への応募と選考により継続的な助成を行います。

 

【応募締切】

 2020年7月31日(金)当日消印有効

 

【問い合わせ先】

 一般財団法人 YS市庭コミュニティー財団

 〒107-0061 東京都港区北青山1-2-3 青山ビル12階 太陽グラントソントン税理士法人 気付

 TEL:03-3325-7254

 URL:http://ys-ichiba.org/