【2021.6.15/6.29】子どもゆめ基金 子どもの体験活動・読書活動助成

「子どもゆめ基金」は、未来を担う夢を持った子どもの健全育成を進めるため、民間団体が実施する自然の中でのキャンプや科学実験教室などの体験活動、絵本の読み聞かせ会などの読書活動などへの支援を行っています。

 

【対象者】  

社団法人、財団法人、NPO法人、法人格を有しない地域のグループ・サークルなど、青少年教育に関する活動を行う民間の団体助成の対象となります。

 

【対象事業】

(1)子どもを対象とする体験活動や読書活動

●体験活動

①自然体験活動

・豊かな自然や農山漁村でのふれあい、登山、ハイキング、キャンプ、野外炊事、郷土食作り

・森林等での野鳥の保護活動、環境教育活動

・身近な公園や川等の自然を生かした研究活動、フィールドワーク、工作活動

・地域の特色を生かした生態観察、放流 など

 

②科学体験活動

・科学実験・観察実習教室

・ものづくり体験やプログラミングなどを活用とした自然科学のワークショップ

・天文や化石の観察などを通じた自然科学のワークショップ など

 

③交流を目的とする活動

・老人会や1人暮らしのお年寄りを招いてのレクリエーション等の交流体験会

・幼稚園・保育所を訪ねたり幼児を招いたりしての幼児との遊び、ふれあい

・大人たちとの学び合いの交流(例:和紙作り、染物、竹細工、焼き物、踊り、太鼓、子守唄、わらじ作り、郷土料理、絵画、手芸、演劇、朗読会、演奏、合唱、野菜栽培等)

・地域に在住する外国の人々を招いて生活や文化を紹介し合うなどの交流

・農山漁村部と都市部など特色が異なる地域との交流

・通学合宿やスポーツ、プレーパークなど集団活動を通じた意図的な子ども同士の交流 など

 

④社会奉仕体験活動

・子どもたちの興味や学習成果、得意な技術を活用した奉仕活動

・老人ホーム等福祉施設を訪問し、話し相手や手伝い、清掃を行う活動

・地域の魅力を活かした地域活性化や地域おこし、安心安全な地域づくりにつながる活動

・地域や駅前、公園、河川や海岸等の清掃、空き缶回収

・地域での花作りや環境美化 など

 

⑤職場体験活動

・地域の事業所や商店などでの職業体験

・将来の進路について考えるインターンシップ

・地域の農家の指導を得ながら米作りや野菜作り、並びに鶏、羊、豚などの家畜や魚の飼育

・地域産業を生かした漁労や加工品製造の体験

・森林での植林、下草刈り、枝打ち、伐採、椎茸栽培、炭焼き など

 

⑥総合・その他の体験活動

・上記①~⑤までの複数の分野を意図的・計画的に組み合わせた総合的な体験活動及びその他の体験活動

 

【助成額】

①1活動あたりの助成金の標準額は、全国規模の活動は300万円(600万円を上限額)、都道府県規模の活動は100万円(200万円を上限額)、市区町村規模の活動は50万円(100万円を上限額)となっています。※二次募集は市区町村のみ

②1活動あたりの助成金の額は、2万円以上限度額までとします。

③活動実績のない新規団体への助成については、原則として標準額を限度とします。

※活動実績のない新規団体とは、平成31年4月以降に設立された団体が該当します。ただし、平成31年3月以前に設立された団体であっても、令和元年度及び令和2年度に活動実績がなければ該当します。

 

【申請締切】

郵送申請 2021年6月15日(火)消印有効

電子申請 2021年6月29日(火)17時締切

 

【問い合わせ先】

独立行政法人国立青少年教育振興機構

〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1

TEL:0120-579081(フリーダイアル)

E-mail:yume@niye.go.jp

URL:https://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/