【2021.8.31】第15回 かめのり賞

日本とアジア・オセアニアの若い世代の交流を通じて未来にわたって各国との友好関係と相互理解を促進するとともに、その懸け橋となるグローバル・リーダーを育成することを目的に事業を行っています。

 

【対象者】  

①NPO(非営利団体)、ボランティアグループ、個人であること

②日本とアジア・オセアニアの懸け橋となる活動を目的としていること

③過去、かめのり賞の顕彰を受けていないこと

 

【対象事業】

日本とアジア・オセアニアの若い世代を中心とした相互理解・相互交流の促進や人材育成に草の根で貢献し、今後の活動が期待される個人または団体を顕彰します。

●対象国

インド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、韓国、中国、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、ブータン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ラオス、台湾、香港、マカオ、オーストラリア、キリバス、クック諸島、サモア、ソロモン諸島、ツバル、トンガ、ナウル、ニウエ、ニュージーランド、バヌアツ、パプアニューギニア、パラオ、フィジー、マーシャル、ミクロネシア

 

●選考基準

・活動内容とこれまでの活動における貢献度、他団体との有機的な連携や協働

・今後の活動への期待と将来の活動への可能性

・活動内容における独自性・先駆性

 

「かめのり大賞 草の根部門」では、応募団体/個人または応募団体を構成している人々(会員やボランティア)と支援先(サポートされる側)とが直接交流している活動を評価

 

「かめのり大賞 人材育成部門」では、次の社会づくりに貢献できる人材育成を行っていることを評価

 

「かめのりさきがけ賞」では、他にない先駆的な取り組みを評価

※設立年数や活動期間の長さは問いません。既存事業とは別の新たな活動でも構いません。

 

特に次の3点についての活動は加点要素となります。

・アジアの国、地域、人々を中心とした活動展開

・若い世代を中心とした相互交流や人材育成の活動

・新型コロナウイルスの影響により生じた課題に取り組んだ活動

 

【助成金額】

かめのり大賞

 「草の根部門」「人材育成部門」の部門毎に、正賞として記念の楯および副賞として100万円の活動奨励金を贈呈

 

かめのりさきがけ賞

正賞として記念の楯および副賞として100万円の活動奨励金を贈呈

※この他、顕著な活動や実績を持つ団体/個人に「特別賞」を表彰することもあります。

※審査の結果、各賞に該当する団体/個人がない場合もあります。

※第2次(最終)選考まで進み、受賞できなかった団体/個人には30万円の活動奨励金を贈呈します。

 

【応募締切】

2021年8月31日(火)必着

 

【問い合わせ先】

公益財団法人かめのり財団

〒102-0083 東京都千代田区麹町5-5 ベルヴュー麴町1F

TEL:03-3234-1694/FAX:03-3234-1603

E-mail:info@kamenori.jp

URL:https://www.kamenori.jp/kamenorishou.html