【2021.7.31】新型コロナウイルス感染症対応 臨時助成金

新型コロナウイルスの感染拡大は、2年越しとなり社会的な課題がますます顕在化しています。ワクチンという出口も見えてきた今、少しでも失われたものを取りもどすため、障がい者の働く場にお役立ていただけるよう臨時助成金を設定募集いたします。新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きくなる中で、業績の回復や障がいのある方々が活躍するコロナウイルス対策に関連した社会貢献にお役立てください。

 

【対象者】  

障害者施設・事業所

・就労継続支援A型事務所、同左B型事業所、生活介護事業所

・地域活動支援センター、その他複合事業施設

 

●応募要件

①新型コロナ感染問題で2020年度の就労支援会計の就労支援事業収入(作業などの生産活動による収入※1)あるいは工賃支給額が2019年度比で減少していること。※1 障害福祉サービス等の報酬は含みません。

②申請する事業が本助成事業記載の助成対象事業であること。

③2021年10月以降に開始し、2022年2月末日までに助成金を使用して事業を実施すること。

 

【対象事業】

障がい者施設における以下の就労継続支援事業等を実施対象とします。

・就労支援事業収、利用者給料の減少を回復するための事業

・医療従事者やシングルマザー等を支援する事業

・新型コロナウイルス感染症対策グッズ等の製造・配布事業

・新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断、延期した事業

・ワクチン接種推進のために行なうイベント・キャンペーン支援事業

・その他社会貢献を目的とする事業

 

●助成の対象となるもの

・助成対象事業を実施するために必用な備品購入・改修工事等

・社会貢献事業を実施するときに係る費用

 

【助成金額】

助成総額 5,000万円

1件あたり 50万円~上限500万円(自己資金は問わない) 

 

【応募締切】

2021年7月31日(土)当日消印有効

 

【問い合わせ先】

公益財団法人ヤマト福祉財団

〒104-8125 東京都中央区銀座2-16-10

TEL:03-3248-0691

URL:https://www.yamato-fukushi.jp/works/temporary-covid2021.html