【~2024.6.30】第23回 緑化技術コンクール

本コンクールは、気候変動への適応、2030年ネイチャーポジティブの実現、官民連携による居心地の良い空間づくりやにぎわい創出等の実現に資する緑化技術について、積極的に取り組み、優れた成果をあげている民間企業、公共団体、個人等を顕彰することにより、都市緑化技術の一層の普及推進を図り、もって都市緑化技術の新たなフェーズへの移行に寄与することを目的としています。

 

【対象事業】 

○緑化施設部門

内容:良好な都市環境の形成や気候変動対応、生物多様性確保、幸福度(well-being)の向上等の課題解決に資する緑化施節。

 

○特定テーマ部門「『GREEN×EXPO 2027(国際園芸博覧会)』に向け、日本から発信する緑化を支える新たな技術」

内容:緑豊かな都市生活の実現に資する革新的で、造園・緑化を支える将来性のある製品・技術。

①緑豊かな都市生活の実現に資する革新的で、造園・緑化を支える将来性のある製品・技術

②製品・技術の開発が終了し、募集締め切りまでに日本国内において自社名義で販売・提供を開始または予定している製品・技術 

 

※緑化施設部門への応募は、過去の受賞作品(第1回~22回)の再応募も可とします。

※特定テーマ部門への応募は、製品・技術の開発が終了し、募集締切までに日本国内において自社名義で販売・提供を開始または予定していることとします。

 

■応募資格

応募者は、施設及び製品・技術の所有者、設計者、施工者、資材・工法の開発者のいずれかとします。連名による応募も可能としますが、すべての連名者の了承を得てください。(所有者以外の方が応募する場合も、事前に所有者の了承を得てください)審査では、応募者名を公開するため、審査結果後に新たな応募者を受賞者名に加えることはできません。

 

【助成金額】

[表彰]

・国土交通大臣賞 2点以内(賞状・副賞)

・環境大臣賞 2点以内(賞状・副賞)

・日本経済新聞社賞 2点以内(賞状)

・都市緑化機構会長賞 2点以内(賞状)

・2027年国際園芸博覧会協会特別賞 1点以内(賞状)※特定テーマ部門のみ

 

※受賞代表者に賞状及び副賞を授与します。所有者、設計者、施工者、資材・工法の開発者など、連名による応募の場合、賞状は連名で作成し、1枚を授与します。

※審査結果の報告は、公益財団法人都市緑化機構の機関誌『都市緑化技術』ほか、ランドケープ、建築・設備系の専門誌に掲載します。

※特定テーマ部門に受賞した製品・技術については、当機構より、公益社団法人2027年国際園芸博覧会協会に対して、技術提案をさせていただきます。

 

【応募締切】

2024年6月30日(日)当日消印有効

  

【問い合わせ先】

公益財団法人都市緑化機構

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-4 田村ビル2階

Tel:03-5216-7191/Fax:03-5216-7195

Mail:midori.info@urbangreen.or.jp

URL:https://urbangreen.or.jp/grant/3hyosho/green-afforestation ←クリックするとリンク先に移動します。